ビジネスで付き合うべき人を見極める簡単な方法とは?

黒田周兵
こんにちは世界。世界一高価な頭脳の持ち主、黒田周兵です。

1円で会社が作れる現代、誰を信じたらいいかわからない。

そんなあなたに朗報です。

 

黒田先生がわかりやすくビジネスで付き合うべき人の選び方をお伝えします。

お金と時間から自由になるためにビジネスしてるのであればぜひ見てみてくださいね。

うまくいけば2年くらいで億万長者になれると思いますよ。

 

そして付き合う人を選べれば、案外夢は最短でつかめますよ。

もちろん才能も必要だけど、努力してるのが当たり前の基準であれば、夢を達成するために必要なのは

才能:付き合っている人=1:9

だと思う。マジで。

去年とさほどやってることが変わってない人は付き合う方を変えましょう。

 

今あなたの繋がってるビジネスマンのおかげで

「儲かってるし、愛されてるし、プライベートもうまくいってるし最高!!」

ってなってなければ違和感に気づくべし。

 

付き合う人の見分け方ってあるの?

というわけでここから本題です。

今日は結論から言いますが、その人の身近な人5人を紹介してもらいましょう。

正直これが8割です。

 

その人の影響力がわかりますし、接している層がわかります。

紹介してもらった方の平均年商や平均年収、人柄がわかれば、その人の本来のビジネス力が見えてきます。

 

「ビジネスには人間力だ!」「7つの習慣最高!」

今もなお流行っている言葉ですが、もしこれらが実践できてれば、今頃その人は先輩方に愛されまくって、仲間も最高のはずです。

 

僕はコンサル業界で何かしら日本一をとりたいなと思って

各業界の日本一の方々に会いまくりました。

 

なぜだかわかりますか?

日本一以上の情報は日本には存在しないからです。

(世界の情報のことはひとまず置いといてね。)

結果的に今では僕も世界一になりました。

 

もしその人が紹介してくれる人が営業に追われている社長たちであれば

営業で行き詰ってしまう情報しかもってません。

 

もしいくつもタワーマンションに部屋を持ってる方であれば

そこまでの情報を持っているのは動かぬ事実です。

 

そして、紹介者にもその情報が入っていることがわかりますよね。

 

その人が今実績がなくても、接している人の情報次第で、いかようにもなります。

 

なので、未来その人が出世してるかなんて、その人の周りを見れば一瞬です。

 

たまに誰も紹介できない人がいますが、この人は友達がいないんだと思います。

自分ばかりにベクトルが向いてるとそうなります。

 

ここまではその人の周りがその人の鏡ということ。



あとね、大事なことはその人の目的、目標、計画、実践力。

ここを見ないとね。

 

目的が大きくて謙虚な人はだいたい目上の方を紹介してほしいと言うはずです。

お客様になりそうな人を紹介してくれという人は来年も営業マン社長です。

 

まとめ

『人、思考、言動』

これで付き合うべきかよくわかります。

 

この文章を見た人が、より素敵な人に会えますように。