この記事はインターネットビジネスについて理解しきれていない。
本当に儲かるのかを知りたい。
という方について書かれた記事です。
簡単ではありますが、数字をもとに誰にでもわかるように書かせていただいておりますので、年収1000万円や1億円に興味がる方はぜひ覗いてみてください。

多くの人が憧れる億万長者。
インターネットがある現代は、誰もがお金を生み出しやすくなったのは間違いがありません。

が、それに伴い、「年収1億円稼ぎました」と言う人も増えてきております。

この記事では年収1億円を一緒に論理的に考えて、ある程度の職業別に1億円を作る方法を考えていきましょう。

お金持ちになりたいという願望がある方むけに、職業別に最低限の条件を書いておきますので、どれが狙いやすいかを考えてみるきっかけになると嬉しいです。

お金持ちを目指すにあたり、一番初めに入ってきやすいビジネス情報はインターネットビジネスとネットワークビジネス。

こちらについて業界でもトップの成績を出したことがある僕の方から解説させていただきます。

この記事では文字数の関係でインターネットビジネスで1億円を作るために必要なことを書かせていただきます。

他の記事で、MLM(ネットワークビジネス)やアパレル・建設・不動産・金融などある程度の職業で億万長者になるための条件を書いてみますので読んでいただけたら嬉しいです。

ちなみに単純に考えて年収1000万円は年収1億円の10分の1なので、年収1000万円を目指している方は、ここで紹介する数字の10分の1で、その視点でご覧くださいませ。

動画の元ネタはこちらになりますので、合わせてご覧いただけると、さらに理解が深まると思われます。

まず、インターネットビジネスについて知らない方もいるかもしれませんので、簡単にどんなビジネスかを解説します。

大きな意味で捉えるのであれば、インターネットビジネスはメディアビジネスと通販ビジネスという2種類があります。


メディアビジネスとは?

メディアビジネスとは、自分のメディアを持ってお金を設ける全般のものをいいます。

例えばYouTuberやブロガーの方々が分かりやすいと思うのですが、彼らはYouTubeやブログという自分のメディアを持っていますよね。

このメディアを経由して何かしらのお金を生み出している人たちはメディアビジネスをしていると言えます。

芸能人がインスタをやってイベントの集客をしていたり、この頃流行っているライバーもメディアビジネスをしているということになります。


通販ビジネスとは?

通販ビジネスはわかりやすいですね。ヤフオクやメルカリで通販をしてお金を生み出すビジネスです

アマゾンや楽天などは自分でHPメディアを持ちながら通販ビジネスという掛算をしているので莫大な売り上げが立っています。

ですので、今の世の中ほとんどの方がインターネットでビジネスをしているです。

SNSを使って集客や商品の紹介をしている時点でインターネットビジネスをしている言えます。

さて、ここから狭義のインターネットビジネスの解説に入ります。

狭義の意味では大きく3つのビジネスのことを指します。

1、インフォメーションビジネス
2、アフィリエイトビジネス
3、転売ビジネス

の3つになります。


インフォメーションビジネスとは?

インフォメーションビジネスとは言わば情報販売ビジネスになります。

例えば自分の持っている情報を書籍やDVDにして販売する。

あなたがダイエットを成功させて「令和式ダイエット講座」というDVDや書籍を作ったとして、3000円で売る。

これがインフォメーションビジネスです。

ただし、今の世の中、DVDや書籍を製造しないとしても、納品ができてしまう世の中です。

言わばパソコンのファイル形式で納品するのであれば経費がほぼかからないのです。

この頃SNSでフリーランスの方が自分のノウハウを商材にしている人はこのインフォメーションビジネスをしています。

3000円を何人に売れば年収1億円になるのか・・・

約34000人ほどに売れれば年収1億円です!おめでとうございます!


アフィリエイトビジネスとは?

アフィリエイトビジネスは他人の商品をインターネット上で紹介して購入してもらうビジネスです。

もう少し簡単にいうと他人の商品の宣伝をして成果報酬性でお小遣いをもらうビジネスです。

基本的には売上の10%未満の商材が多いように思えます。

なのでアフィリエイトのみで年収1億円を目指すのであれば、利益率10%だとしても10億円以上の売上を立てる必要があります。

ブログアフィリエイトだとしたら、毎月9000万円ほど売り上げてくれるメディアを構築できれば年収1億円に達します。

2万円のアフィリエイト商材を毎月4500人に流通で毎月9000万円売上。

アクセスからの購入率が1%だとしたら毎月450000アクセスは必要になります。

毎月10000アクセスずつ増えていってるとしたら45ヶ月間で月収900万円達成の可能性が見えます。

(このスピード感は正直難しいですし、45ヶ月後にはさらにライバルが増えていますが。。。)

慣れてきたら複数のメディアを構築するのもありですが、継続力と忍耐力があれば年収1億円が見えてきます。


転売ビジネスとは?

転売ビジネスはこの頃規制が厳しくなってきていますが、安く買ったモノをインターネット上で高く売るビジネスです。

こちらはやり方によってはボロ儲けできます。

たとえば極端な例になりますがパワーストーンを5000円で買い、50000円で売る。

こんなこともできてしまう可能性があります。

ただし初心者は10%ほどの利益しか出ないと考えおくといいかもしれません。

パワーストーン5000円で買い500円の利益が出る。

こんなイメージです。

利益率にもよりますがこちらも利益率20%だとして5億円ほどの売上が必要になります。

ただ、気をつけないといけないのは、アフィリエイトと違い、モノを買う軍資金が必要になります。

10万円の軍資金でパワーストーンを買い、オークションに出品して3週間後に12万円で売れる。

その12万円で買い物しまた出品する・・・

というふうになってくると毎月20%ずつ増えると考えても月収1000万円行くには約5000万円の軍資金が必要になります。

ちなみに10万円の軍資金が毎月20%ずつ上がっていくシミュレーションを電卓でしてもらえるとわかると思うのですが、1年しても100万円すらなりません・・・

(初月、10万円×120%=120000円 2ヶ月目 12万円×120%=144000円 これを12回分電卓で叩いてみると、約890000円。)

もう少し大雑把にわかりやすく1年間で軍資金が10倍になるとして考えるのであれば

1年目 10万円が100万円
2年目 100万円が1000万円
3年目 1000万円が1億円

ただし、仕入れのスピードも流通スピードも変わらないという条件でこれになります。

3年目からは人を雇わないと難しいですね。

単純に計算だけで考えれば年収1億円は3年でいけました。

リサーチするのが好きだったり出品するのを1億円分するのが苦ではなかったり、身内や友達で手伝ってくれる人がいればいいかもしれません。

もっと効率よく稼ぎたいと考え出した先輩方。

このように稼ぎやすいと言われているインターネットビジネスも1億円という規模で見ると難しくなってきます。

そこでインターネットビジネスの先輩方が考えたのが、インターネットビジネスのスクールです。

ネットビジネススクールとは?

インターネットビジネスで儲けが出たら、塾やコンサルティングにして、生徒や弟子からお金をいただくビジネスモデルです。

スクールだと毎月決められた講義をしたり、動画で情報を販売するだけであるのであれば手間がほとんどかかりません。

30万円のスクールであれば340人ほど。
50万円のスクールであれば200人ほど。
100万円のスクールであれば100人ほど。

だとすると1000人〜3000人ほどの見込み客を獲得できれば素早く1億円を生み出すことができます。

スクールの説明会に広告費1万円で1人来てくれるとしたら、1000万円の広告費で1000人の見込み客が集まります。

成約率が高ければ1ヶ月〜1年で1億円を生み出すことも可能でしょう。

ただし、マネジメントをきちんとしないとクレームになったりする可能性が高いのも確かなので、スクールの価値をきちんと高めてから仕掛けるのがおすすめです。

1000万円の広告費がない方はまずは10万円から始めてもいいのではないでしょうか?

10万円を100万円に。
100万円を1000万円に。
1000万円を1億円に。

4ヶ月周期でやっても1年で1億円の可能性が見えてきます。

ただし、実績がないとこのスクールビジネスはできませんし、マーケティング力とプレゼン力がないと広告費が赤字になるので注意してくださいね。

いかがだったでしょうか?

年収1億円を目指すのを諦める人もいれば、イメージできてる人もいるかもしれませんね。

この記事ではインターネットビジネスについて書かせていただきました。

他の記事でMLM(ネットワークビジネス)についてと、実業、金融、投資についてまとめたものも書きますので、ぜひご覧くださいね。