ツイートの仕方でフォロワー急増!人気者になれる極秘テクを大公開

この記事はTwitter運用するにあたってのツイートの具体的な書き方や、細かなポイントなどをお伝えしていきます。いまいちツイートに反応がなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。
はるか
周兄、突然ですがツイッターのツイートには、反応率が上がりやすいものと上がりにくいものがあるのをご存知ですか?
周兵
反応率というのはいいねの数やリツイート、インプレッションのことだよね?
はるか
そうです!

実は日々のツイートにちょっとした工夫を加えることで、反応率をググッと上げる具体的な方法を実例をもとに大公開しちゃおうと思いまして。

周兵
ツイートの仕方にも戦略的なやり方があるんだね!ぜひ教えて欲しいな。

私がツイートを作る上で意識していることは主に8つあります。その8つをそれぞれ深掘りしていって、みなさんがすぐに実践できるように分かりやすく解説していきたいと思います。

ツイートで意識すべき8つのポイントとは?

①文章構成
もし「140文字でうまく文がまとめられない」と感じていましたら、文章構成の欄を読んでみてくださいね。あなたがつぶやきたい内容をフォロワーさんにわかりやすく伝えられる技術が身につくように、丁寧に構成の練り方を書かせていただいております。

②共感度
いいねが増えないという壁にぶつかっている方は、共感度をあげるツイート手法を学ぶ必要がありますが、わざわざお金を払って習う必要はありません。なぜならこの記事では数百いいねを集めたツイートを例にしながら具体的に共感を生むライティングの技術を『習得目線』で丁寧に書かせていただいております。

Twitterの特性を生かした文字数の秘密
タイムラインの特性を生かした文字バランスについて学んだことはありますでしょうか?もしまだ学んでいない方はこちらの項目を読んでみてください。文字配置バランスを例に取りながら、最後まで読んでもらえるツイートの書き方を丁寧に書かせていただいております。

④改行を駆使して読み手の脳に届きやすくするTwitter独特の改行法
改行自体にもコツが存在するということをご存知でしょうか?もしライティングの基礎としての改行を学んだことがない方は、必ず読み通していただきたいです。他のSNSと比べてツイッターではどのように改行すればいいのかを具体的な例を出しながら丁寧に書かせていただいております。

⑤絵文字を適宜挿入
ツイートに絵文字は必要?入れた時と入れない時とで印象がガラリと変わる絵文字。自分のツイッターでのキャラクター設定をする上でポイントになってくる絵文字の使い方を具体的な例を用いて比較していきます。

⑥投稿する時間帯
そもそもインプレッションが伸びないという悩みを持っている方は、投稿時間に問題があるかもしれません。知っていてもゴールデンタイムに投稿できないという方は何をすべきなのか・・・全ての答えをこちらで丁寧に書かせていただいております。

⑦タイムライン表示率
インプレッションをさらに増やすためには時間のルールだけではありません。Twitterの時間以外のルールもきちんと把握する必要があります。このルールを味方にすることができれば、今よりも数倍のインプレッションを30日後には獲得できる可能性があります。こちらについても丁寧に書かせていただいております。

⑧一日のツイート数
有料ノートを読むとツイート数の法則が沢山書いてあり、何を信じればいいか分からないという方はぜひこちらの項目をお読みください。そもそもツイート内容やツイート数に正解などありませんが、あなたにあったツイート数がわかるようになります。ストレスなく目標達成をしたいという方はぜひこちらの項目をお読みください。

Twitter運用ツイート大解剖!

①文章構成編

発信したいことをただ140文字書くよりも、一文一文、一段一段に意味を持たせながらのツイートの方が見る側からしてもこちらの言いたいことを読み取ってもらいやすくなるので、丁寧な文章構成を意識したいところです。

具体的に私のツイートを例に出してみますと

 

一段落目:小さな見出しや、こういうことがあったという結論
二段落目:状況説明や事実を述べたり、その結果どういうことが
     起きた、どういう心境になったなど
三段落目:補足説明など
四段落目:まとめや解決策、提案など

こんな感じで140文字の中に起承転結を入れることによって、一つのツイートが有益なコンテンツになってくれるのです。これを3ヶ月意識して書いていただけで2〜300いいねを常にもらえるようになりました。

普段のツイートの反応率が上がれば、こんな短文でもしっかり反応が取れるようになります。なのでまずは140文字ぎっしり書くことをベースに、日々ツイートを心がけてみてください。

②共感度編

このツイートは自分の意に反してたくさんの方から反応をいただけたものなのですが、どうしてこの私の何気ない気付きのツイートが伸びたのか分析してみようと思います。

先に説明した通り、段落一つ一つにまず意味を持たせています。そして一番のポイントといいっても過言ではないのが三段目の文章ではないでしょうか。

ただ筋トレしてメンタル強くなりました!だけだと、筋トレやったことがない人にはイメージがつきにくく全く共感されませんが、一見筋トレしなさそうな私が実際やってみて具体的にこんな心境になってメンタルが強くなりましたよ!という実体験や主観が入ることで、一度でも筋トレやったことがある人や、これから筋トレしてみようかなという方に響いたのではないかと思います。

普段から筋トレしてる人からしたらあるあるだったのかもしれないし、これから筋トレしようと思っていた人からは目から鱗な心境の変化だったのでしょう。

このように、ツイートは共感度が高ければ高くなるほど、たくさんの人も目に触れるようになるのです。ただの事実だけじゃなく、でもどこの誰の意見でもなく自分が感じたことを素直につぶやいてみてください。きっと共感してくれる人が必ず現れて、あなたを応援してくれるようになりますよ。

③Twitterの特性を生かした文字数の秘密編

秒単位で10、20とたくさんのツイートがTLに流れていく中で、少しでも存在感を残すには1ツイートを主張をできるだけ強くする必要があります。

そのためにはTLの幅をできるだけ自分のツイートで埋める必要があります。つまり文字数を最大140文字ぎっしり使って投稿すれば、その分縦幅を占領できるわけなので、自然とユーザーの目にも留まりやすくなりますよね。

近年動画マーケティングの世界でも横長動画ではなく縦長動画が流行ってきているのをご存知でしょうか?特に動画が強みのSNS、TikTokはまさに縦長動画でみなさん投稿されています。これはスマホの形が縦長のため、いちいち横にして見るよりも縦のままの方が簡単に見れるため、縦長動画が流行ってきているのです。

動画の傾向からもわかる通り、スマホやパソコンの画面を占領するということは非常に大切なポイントになります。

④改行を駆使して読み手の脳に届きやすくするTwitter独特の改行法編

改行のない長文は見ただけで読む気が失せてしまう人もいますよね。ただし闇雲に改行していても読み手にストレスを与えてしまうので、ここでは手段別に改行の仕方を勉強していきましょう。

まずベーシックに100文字以上のツイートをする時は2、3文で一段落改行を入れることをおすすめします。これは先に書いたTLの縦幅をより増やすことにもつながりますので積極的に改行を入れていきましょう。

たまに一文一文全部改行して幅取りまくりのツイートを見かけることがありますが、私はあまり好きではないです。改行が多ければ多いほどかける文字数も減りますし、総じて投稿内容が薄いです。どうでもいいところで改行していることも多いので違和感があって読みづらいです。それがいくつもTLを占領していたらその人のツイートは見たくなくなりますよね。最悪ブロック、ミュートまっしぐらです。

もし一文一文改行をするのであれば、きちんと句点まで書いてから改行を行いましょう。一文一文を改行しないにしても無意味なところで改行してしまうと、途端に読みずらいツイートになってしまいます

例えば
「コロナウィルスのせいでトイレペーパーがない。一刻も早く落ち着いてほしい。またみんなで食材やティッシュを共有できる時間がすぐにきますように。」
というツイートをするとしましょう。もしこのツイートが

となっていたらすごく読みにくくないでしょうか?

これであればすっきりとまとまっていて読みやすさも倍増しました。改行箇所をちょっと変えるだけで潜在的な読みやすさが変わるんです。存在感を出すことは大切ですが、あくまでもユーザーさんにとって邪魔にならず、かつ見やすいツイートを心がけるべきです。

⑤絵文字も適宜挿入編

これに関してはその人のTwitterでのキャラなどにもよります。もし「。」や「!」だけだと淡白で寂しいと思うのであれば適宜絵文字を入れて、明るく見やすく工夫も必要です。私自身も普段のプライベートでの人とのやり取りなどは基本的に絵文字はあまり使いません。ですが運用中のTwitterのツイートには見やすさとキャラ付けの意味も込めて適宜絵文字を入れるようにしています。

どうでしょう。絵文字があるのとないのではだいぶ読みやすさや印相が変わったように感じませんか?

まだキャラクターが整っていない方や、絵文字の使い方のイメージができない方向けに、ここでキャラクター視点でのマーケティングについて触れておこうと思います。

例えば小栗旬さんのような容姿で出川哲朗さんのキャラクターを、メインの性格としてメディアに出してみると考えてみたらどうでしょうか?

もちろん凄腕俳優なので出川哲朗さんのようなキャラクターでもいいかもしれませんが、違和感が出てしまい、本来の小栗旬さんの良さを半減させてしまうのではないでしょうか。もしあなたがキャラクターをこれから作るとしたら、違和感を与えないことがとても重要です。ただし、あえてギャップのキャラクター戦略でプロモーションをするのはありです。

例えばプロフィールやアイコンが、70歳のおばあちゃん占い師だとしたら、どんなツイートをしているだろうという先入観を抱くでしょうか?

おそらく
「今日は吉日。天秤座なら青い鉛筆を持っているといいことがありそうじゃ。」

こんな感じの普通のお手紙のようなツイートをイメージするのではないでしょうか?

これがもしも
「今日は吉日でちゅ❤️天秤座のみんなは青い鉛筆を持って出かけるとハッピーでちゅ❤️」

というツイートだとしたらやけに脳みそに刻み込まれてしまうのではないでしょうか?このように戦略的にギャップを作るのも一つの手です。ただしリプなどコミュニケーションを増やしたいという方は、接しやすいキャラクターにするのがおすすめです。

認知度がない時に「気持ちわる」という印象を与えてしまったら、ブロックされてしまう可能性があります・・・ぜひ参考にしてキャラクターにあった絵文字の使い方をしてみてくださいね。

⑥投稿する時間帯編

ツイートはターゲットが見ている時間帯を想定してツイートする必要があります。もし自分のターゲットがどの時間帯に多く見ているかわかりにくい場合は、次の3つの時間帯にツイートを投稿するのがオススメです。そしてどの時間帯が一番反応があったかを少しずつ分析していくと、自分のターゲットが見ている時間帯に効率よくツイートを投稿することができるようになります。

一般的に多くの人が同時刻にTwitterをみる確率が多い時間帯がこちら

①朝5時〜8時までの間
主に朝の電車の通勤時間中にTwitterを見る層が多い時間帯
②11時半〜13時までの間
仕事をしている人であればお昼休憩中にTwitterを見ている層が多い時間帯
③18時〜23時まで
仕事が終わって帰宅している途中や寝るまでののんびりタイムにTwitterを見る層が多い時間帯

ただし土日祝日はそもそもTwitterを見ている人が減る傾向にあるので(外出や寝ている人が多い)、どの時間帯も伸びにくいです。

もしあなたの商品やサービスを認知してほしいターゲットが不眠症の人であれば、むしろ上記のような時間帯ではなく夜中にツイートした方が伸びたりするということです。

もしツイートしたい時間にどうしてもツイートできないのであれば、socialdogの時間投稿機能を使うといいでしょう。あらかじめツイートしたい投稿をsocialdogに入れておけば、こちらが指定した時間に勝手に投稿してくれる便利なサービスです。使い方もとても簡単で無料なので使わない手はないですね!

⑦タイムライン表示率編

Twitterには表示されやすいツイートがあることをご存知でしょうか?Twitterアルゴリズムの導入によってユーザーが興味ありそうだな、というツイートを優先して表示してくれる機能のことを言います。

アルゴリズムとか言われてもって感じだと思うので難しいことはハショりますが、つまり自分の商品やサービスを認知してほしい層に響きそうなツイートをすれば自ずとその層に表示されやすくなりますよということなんです。

また、フォローしてないけどこの人のツイートよく見かけるなという場面に出会すこともあると思います。その時に見てほしいのがその人のツイートの上部分です。そこには〇〇さんがいいねしましたや、〇〇さんがフォローしていますなどが書かれているかと思います。

これはその〇〇さん(自分がフォローしている人)以外にもいいねをしているユーザーが多かったり、その人以外のユーザーがフォローしている人が多いことで、あなたにとってこの人は有益ですよということをTwitterアルゴリズムが教えてくれているということです。

逆を返せば、いいねやフォローしてもらえる頻度が増えれば増えるほど、他のユーザーにも自分のツイートが表示されやすくなるということです。

リプライやリツイート、引用リツイートもうまく使ってユーザーのTLに少しでも自分の存在をアピールしていきましょう。

⑧1日のツイート数編

以前の記事でツイートよりもコミュニケーションが大事だよ!ということを記述したものがあるのですが、ある程度認知されてきたと思ったら自分のツイートも適宜書いていかないと、この人は何のツイートをする人なのか不明確になってしまいます。コミュニケーションの撮り方がわかったら、自分のオリジナルツイートも適宜投稿して、フォローしてもらえるようなアカウントを作っていくことも意識していきたいところですね。

個人的には目標は1日3回がいいと思いますが、たくさんできるのであればそれに越したことはないです。正直Twitter運用に正解はないに等しいので、ツイート数もこれと決まったものはないのですが、目標はないよりあった方がモチベーション保持にも繋がるのでここではあえて具体的に3回と指定してみました。

いやいや、そんな1日3回もツイートしてたらネタが尽きちゃうよ…という方、ご安心ください。そもそも、自分で考えたツイートばかりする必要は実はないんです。

ではどうやって1日3ツイートすればいいの?

私がオススメするツイート内容は以下の3つです。
①オリジナルツイート
②フォロワーさん紹介
③引用リツイート

これで1日3回ツイートしたとカウントしてしまっていいわけです!これだけでもTwitterのアクティブユーザーであることを証明できますよね。

オリジナルツイートだけでは難しいフォロワーさんとのコミュニケーションも、紹介という形で親密度を上げつつ関係性を構築できますし、引用リツイートしてもらえた側も嬉しいですよね。それがきっかけでフォローしてくれたらなおよしです。

オリジナルツイートが思いつかないのであれば、空き時間に本を読んだりwebニュースや情報をインプットする時間を作るのもいいですね。インプット量が少ないことにはアウトプットもできないですから。

その中で面白い記事なんかがあれば、この記事面白いので皆さんも読んでみてくださいなど有益情報をシェアしてあげるとより親切ですね。その際には自分はこの記事を読んでどう思ったかなども書き加えてツイートすると、それもオリジナルツイートになりますし、信頼度も高まりますので、ぜひやってみてください。

まとめ
①文章構成を意識
②実体験や主観を取り入れ共感度を高める
③140文字ぴったり使って存在感をアピール
④改行をうまく使って読みやすさup
⑤自分のキャラクター性に合わせて絵文字を使い分ける
⑥ターゲットによって投稿時間を調整
⑦アクティブユーザーになってTL表示率をup
⑧3つのツイート内容を駆使してアカウントを構築
はるか
いかがだったでしょうか?


ツイート一つとってもこんなにも意識することがあってびっくりですよね!

 
 
周兵
本当だね。深掘りしてみると何だか難しいことを言っているように見えるけど、ちょっと意識を変えるだけで見え方が劇的に変わるね
はるか
そうなんです♪
本当にちょっとした工夫で反応率ってあげられるんです。しかも今日から誰でもできる簡単なやり方なので、真似しない手はないですね。

これでツイッター運用に行き詰まっている人が少しでも楽になってくれたら嬉しいです。ツイッターを打破するブログは、他にも有料noteに負けない有益記事を独自の目線でいくつか投稿していますので、そちらも合わせてご覧くださいね。

では、また次回の更新をお楽しみに〜。